インプラント

インプラントについて

インプラントは歯茎を切って、顎の骨を削りネジのような人工の歯根を埋め込んで人工歯をかぶせる治療方法です。見た目は天然の歯と変わりなく綺麗なので口を開けても恥ずかしくありません。一度埋めたら取り外せませんが、しっかりと固定されるので噛む力も天然の歯と同じような感覚です。

こんな方にインプラントはお勧めです

  • 奥歯がすでに失われており、ブリッジによる治療が難しい
  • 入れ歯よりももっとしっかり噛みたい
  • 入れ歯の調整をしたのに口の中が痛い
  • 部分入れ歯に取り付けられた金属のバネが気になる
  • 入れ歯を装着した時に嘔吐反射が強く出る

インプラントのメリット・デメリット

メリットMerit

  • 周囲の健康な歯を削る必要がほとんどない
  • 噛み心地が安定している
  • 入れ歯に比べて噛む力が衰えにくい
  • 自然な見た目を演出できる
  • 顎の骨が痩せることを防げる

デメリットDemerit

  • 手術や治癒期間を含めると、治療期間がやや長い
  • 顎の骨の量が少ないと、骨造成の手術が必要になる
  • 治療後も定期的なメインテナンスが必要

インプラントとその他の歯を補う治療の違い

入れ歯

取り外しできる人工歯を入れ歯または義歯といいます。主に高齢者の方が使用するイメージが多いですが、歯を失った方が使用する人工歯です。歯科医が患者の歯の形に合わせて綺麗に作ってくれます。

メリットMerit

  • ブリッジと異なり、失った歯の数が多くても適応できます。
  • バネで固定するなど、健康な歯を削る必要があまりありません。
  • 着脱が可能なので、お手入れが簡単です。
  • 健康保険が適用される症例もあります。

デメリットDemerit

  • バネにより、周囲の歯に負担がかかるリスクがあります。
  • 天然歯に比べて噛む力が30~40%に衰えることがあります。
  • 取り外してこまめにお手入れをする必要があります。
  • 口腔内で入れ歯がずれ、歯肉と擦れて痛みを感じることがあります。
  • 食べかすが挟まりやすく、不衛生な状態になりやすいです。
  • インプラントと比べると違和感があります。

ブリッジ

ブリッジは、虫歯や歯周病などの理由で抜歯し、抜歯した前と後の歯を削って土台にして橋のようにつなげて歯を埋める治療方法です。歯を土台にしているので噛む力も普通の歯と同じぐらいの強さで噛むことができます。

メリットMerit

  • 固定式なので口腔内で安定感し、噛んだ時の違和感が少ないです。
  • 健康保険が適用されますが、天然歯に近い審美的な自費の素材を選ぶこともできます。

デメリットDemerit

  • 両隣の健康な歯を削る必要があります。
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかります。
  • 食べかすが挟まりやすく、不衛生な状態になりやすいです。
  • 削った歯に痛みが出た場合、神経を取る場合があります。
  • プラスチックなどの保険の素材は、変色やすり減る可能性があります。

当院で使用しているインプラントについて

当院では、スイスのストローマン社が作製するインプラントを使用。顎の骨との結合性が早く安定感があり、治療後にインプラントが抜け落ちてしまうリスクも特に少ないというデータもあります。信頼と実績を持つインプラントを使用し、患者様に安心していただけるインプラント治療の実現を常に大切にしております。

ストローマン社のインプラントの特徴

生存率が非常に高く、長期間にわたって使用できる

歯周病に近い状態になるインプラント周囲炎を発症すると、最終的にインプラントが抜け落ちてしまうリスクがあります。ストローマン社のインプラントの場合、インプラント周囲炎を発症する可能性が低いため、10年後のインプラント生存率が98.8%というデータ(スイスベルン大学の調査)もあります。

特殊な加工により骨との結合力が高まる

インプラント体の表面は、SLAサーフェイスという独自の加工が施されており、細かい粒子を吹き付けて表面に凹凸を生み出しています。凹凸により表面積が増加し、骨との結合をさらに強固にしてくれるので、非常に高い安定感を持っています。

歴史が長く信頼されているブランドである

ストローマン社は、1954年の創業からこれまで60年以上もの間、インプラント業界になくてはならない存在としてあり続けています。信頼があるからこそ高いシェア率を持ち、世界各国の歯科医師が使用するインプラントメーカーでもあるのです。

インプラントの流れ

1

カウンセリング/治療計画立案

まずは患者様とカウンセリングを行い、現在のお悩みやご要望などをお伺いいたします。ヒアリングした内容をもとに、患者様のライフスタイルに合わせた無理のない治療計画を作成し、今後の治療に役立てていきます。

2

術前検査

CTでお顔を撮影すると、顎の骨の量や厚さが明らかになり、骨造成の必要性を判断できます。さらに、血管や神経の位置も把握できるので、より後遺症や出血リスクを少なくした、安全な治療の提供に努めております。

3

前処置

前処置は、主に口腔内の環境を整えるためにあります。虫歯や歯周病の治療、抜歯、仮歯の作製などを通じて、口腔内の清潔さを維持できるようにサポートいたします。

4

一次治療

治療する箇所の歯肉を開いて顎の骨を適切に削り、インプラント体を埋め込んだ後、歯肉を縫合して一次治療の手術は完了です。その後、数か月間の治癒期間を経て、インプラント体と顎の骨が結合するのを待ちます。

5

二次治療

インプラント体の固定が確認できた後は、歯肉を小さく切開し、インプラント体の上部に、人工歯を支える土台部分となるアパットメントを取り付けます。周囲の歯の色に合わせて作られた人工歯を取り付けて、見た目や咬み合わせのバランスを確認し、問題が内容でしたら治療完了です。

6

メインテナンス

歯磨きや歯間ブラシを用いた日々のセルフケアが不十分な場合、インプラント周囲炎を発症し、歯周病と同じように歯肉の状態が悪化する恐れがあります。歯科医師および歯科衛生士によるメインテナンスでは、インプラントや歯肉の状態もチェックし、予防を重視した治療の提供が可能です。インプラントの状態を良好に保ち、長く使うためにも、定期的にご来院ください。

インプラントのことならご相談ください

インプラントは外科手術が必要な治療です。手術という言葉を聞いて不安になる患者様もいらっしゃいますが、治療前から治療後まで当院の医師やスタッフがサポートいたしますので、どうぞご安心ください。一人ひとりのライフスタイルに合わせた、インプラント治療のご案内とご提供に努めておりますので、ご相談はいつでも当院までご連絡ください。

お気軽にご予約・お問い合わせください

  • 0567-28-0222

【受付】9:00~12:00 / 14:00~20:00
※火、木は19:00まで、土曜は18:00まで。
日曜、祝日休診

▲19:00までの診療となります。
0567-28-0222
WEB予約