小児歯科

小児歯科について

小児歯科とは子供の歯の治療を専門に行います。「乳歯は生え変わるから治療しなくてもいい」という考えは間違えです。乳歯だからこそ、虫歯にならないように磨いたり、予防治療することが大切になります。子供の歯の健康を守る為、将来綺麗で健康な歯が生えてくるように歯のケアをしっかりするために検査をし、フッ素塗布やお掃除、歯磨き指導を行います。

乳歯の大切さ

乳歯は食べ物を噛むことはもちろん、声を発するときに大切になります。顎や顔面の形成に大きく関わってくる重要な歯でもあるのです。また、乳歯の次に生えてくる永久歯を誘導する役割もあるので乳歯の健康維持は大切になります。

甘いものは要注意

甘いお菓子やジュースは虫歯を進行させる大きな要因になります。乳歯は特に永久歯よりも柔らかいため、虫歯になりやすいのです。歯磨きをしても防げないこともあるので乳歯のうちはなるべく避けた方が予防につながります。
また、小さい子供は虫歯の症状に気づきにくいので、自ら虫歯になったことを訴えることは難しいです。ご家族が協力して歯磨きしたり、ご飯を食べるときによく噛むことを教えたりすることで虫歯を防ぐことができます。

お子様のお口は大丈夫ですか?

口呼吸があったり、歯並びが悪かったりすると将来様々なリスクを引き起こします。以下のような項目に思い当たる所があればお気軽にご相談ください。

  • 咬み合わせが悪い気がする
  • 指しゃぶりが癖になっている
  • 永久歯が生え揃うスペースがない
  • 口呼吸がなかなか改善しない
  • 歯が重なっている、まっすぐに生えない
  • 仕上げ磨きに自信がない
  • 歯を強くぶつけてしまった

子どもの歯の予防方法

お子さんの歯も大人と同様、虫歯になったら、細菌に感染した部分を削って詰め物や被せ物をします。ただ乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすい傾向があり、幼少期のお口の環境は大人になってからも大きな影響を及ぼします。そのため、親御さんは念入りにお子さんの歯をチェックしましょう。さらに歯科医院でフッ素塗布やクリーニング、ブラッシングのチェックなどを行えば完璧です。

フッ素塗布

「歯の再石灰化」「歯質の強化」「細菌の繁殖抑制」などのメリットがあるフッ素塗布。初期虫歯は、クリーニングとフッ素塗布を続ければ改善することもあるので、定期的にメインテナンスを行い、虫歯に負けない強い歯を目指しましょう。

シーラント

生え始めたばかりの奥歯は歯質が弱く、仕上げ磨きも難しいため、溝に汚れが溜まりやすくなるのが特徴です。そこでシーラントと呼ばれる歯科用プラスチックで事前に溝をふさぎ、食べ滓などが詰まらないようにします。定期的にシーラントを充填すれば、効果的な虫歯予防に繋がります。

ブラッシング指導

歯科医院での予防も重要ですが、一番大切なのはご自宅でのセルフケア。小児歯科の場合は、年齢や生え方に応じたブラッシング方法、仕上げ磨きのテクニックをレクチャーいたします。
人によって歯並びや歯の形、成長度合いは異なるため、定期的にブラッシング指導を受けましょう。正しい歯磨きテクニックを身につければ、間違いなく将来の健康に結びつきます。

MFT(口腔筋機能療法)を行っています

当院では、MFT(口腔筋機能療法)と呼ばれるトレーニングを行っています。口腔周囲の筋肉をバランス良く鍛えることで、咀嚼、発音、呼吸などお口周辺の機能を正しく整える方法です。お口周りのトラブルは、筋肉や関節などの力が一部に偏っていることが多いため、MFTを続ければ「常にぽかんと口を開けている」「指しゃぶりをしている」「口呼吸気味である」といったお悩みの解消効果が期待できます。

歯科健診で上唇小帯異常・舌小帯異常と指摘された方へ

1歳半~3歳時の歯科健診で上唇小帯異常・舌小帯異常など、指摘された方へ。当院ではしっかりと診断を行い、場合によっては上唇小帯切除なども行っています。健診で引っ掛からなくても、ベロが突っ張っている、活舌が悪いなども小帯異常の特徴です。お気軽にご相談ください。

定期検診がおすすめです

ご自宅で歯のケアを行うことも大切ですが、定期的に歯科医院にて検診を受けるほうが虫歯を早期発見できる可能性もあるし、虫歯を防ぐこともできます。ただ、歯医者が苦手なお子様が多いのでまずは歯医者という場所になれることが大切です。泣いたり、暴れたりしていると治療はできませんので、段階を踏んで少しずつ来院できるようにご家族で協力しあいましょう。

子供を歯医者嫌いにしないためのポイント

嘘をつかないこと

「絶対痛くないよ」「行くだけだから」と嘘をついてしまうと子供は不信感を持ってしまい歯医者に行きたくなくなります。

歯医者=恐いところにしないこと

例えば「悪いことしたら歯医者つれてくからね!」と言ってしまうと子供は歯医者を恐いところなんだと認識してしまいます。子供の歯科治療が終わったら褒めまくったり、治療のときそばについてあげたり、子供ペースで通院させることで自然と通えるようになります。

げんき歯科では両親が了解したうえでお子様の歯科治療におつきあいさせていただきます。お子様が歯医者を受け入れて楽しく治療できるようになれば虫歯も防げるのでご協力させていただきます。

お気軽にご予約・お問い合わせください

  • 0567-28-0222

【受付】9:00~12:00 / 14:00~20:00
※土曜午後は18:00まで。日曜、祝日休診

0567-28-0222
WEB予約