トピックス

カテゴリー:

インプラントと総入れ歯の違いとは?特徴や料金などを徹底比較

  • コラム

歯を全て失った場合は、インプラントや総入れ歯をすすめられるでしょう。しかし、違いが今ひとつ理解できず、なかなか決断できない方は多いのではないでしょうか。
ここでは、インプラントと総入れ歯の違いについて、特徴や料金、ケア方法などさまざまな観点から比較解説します。

 

インプラントと総入れ歯の違い

インプラントと総入れ歯は、全く異なる仕組みの治療法です。それぞれの特徴や料金について詳しく見ていきましょう。

 

総入れ歯の特徴

総入れ歯は、人工の歯茎である「床」に人工歯が並ぶ構造です。口の中に入れると、床が口の粘膜に吸着することで安定します。インプラントに比べると「治療期間が短い」「費用がおさえられる」などのメリットがある反面、「かたい物が噛みにくい」「違和感があり、発音しづらい」などのデメリットがあります。
保険適用の総入れ歯の素材はプラスチックです。自費診療では使用できる素材に制限がないので、チタンやコバルトクロムなど金属も使用できます。料金は保険適用で12,000~15,000円程度(3割負担の場合)が相場です。ただし、上下ともに総入れ歯にする場合は、2倍程度の費用がかかる点に注意しましょう。
自費診療の入れ歯の費用は使用する素材で大きく異なります。例えば、金属床の中でもチタン製は30万~40万円、コバルトクロム製は18万~22万円、ゴールドは50万~70万円程度が相場です。歯科医院によって大きく異なるので、事前の説明を十分に受けましょう。

 

インプラントの特徴

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込み、アバットメントという連結器具を装着し、その上に人工歯を取り付ける治療法です。歯を全て失っている場合は、顎の骨に上下4本ずつインプラントを埋め込み、その上に複数本が連結した人工歯を被せる「オールオンフォー」のほか、同じような仕組みで4本以上のインプラントを使うことが多い「ボーンアンカードフルブリッジ」を検討します。
総入れ歯と比べると「かたい物でもしっかり噛める」「顎の骨がやせにくい」「見た目が自然」といったメリットと同時に「治療期間が長い」「外科手術が必要」「費用が高額」などのデメリットも存在します。
インプラント治療の費用は、1本20万~60万円が相場です。総入れ歯よりも費用が高額なのは、事前の精密検査や外科手術が必要な他、インプラントに使用する人工歯がセラミック製であるためです。
オールオンフォーの費用は片顎で250~400万円、ボーンアンカードフルブリッジは片顎で200~300万円程度が相場です。インプラント治療も総入れ歯と同じく歯科医院によって費用が大きく異なるため、十分に比較検討しましょう。

 

 

インプラントと総入れ歯のケア方法

インプラントと総入れ歯は、どちらも入念なケアが必要です。それぞれのケア方法を詳しく見ていきましょう。

 

総入れ歯のケア

総入れ歯をケアするタイミングは毎食後です。入れ歯が流れてしまわないように、水を張った洗面器の上で洗いましょう。入れ歯用の歯ブラシで丁寧に磨き、寝る前は取り外して入れ歯洗浄剤につけておきます。ケアをしないと汚れがたまり、お口のトラブルにつながります。また、ケアをしていても入れ歯の状態が悪くなったり、口に合わなくなったりするので、定期的なメンテナンスが必要です。

 

インプラントのケア

インプラントは人工物のため、むし歯になる心配はありません。しかし、周囲の歯はむし歯になるので、インプラントの部分は丁寧に磨きましょう。また、歯茎に歯周病のような症状が現れる「インプラント周囲炎」にも注意が必要です。放置するとインプラントが脱落する恐れもあります。歯ブラシだけでなく、デンタルフロス等ですみずみまでケアしていきましょう。総入れ歯同様に、歯科医院での定期的なメンテナンスは欠かせません。

 

治療後の生活の変化について

治療後の生活は、次のように変化します。

 

総入れ歯の生活

保険適用の総入れ歯は、厚みのあるプラスチック製の床です。そのため、食べ物の温度を感じにくくなります。金属製の床であれば熱伝導率に優れているため、食事の楽しみが失われにくいでしょう。ただ、プラスチック製でも金属製でも失った歯を補えるというメリットは変わらないので、食事の時間が楽しみになるはずです。

 

インプラントの生活

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込むため、天然歯のような噛み心地を得られます。ただ、歯根膜というクッションを喪失しているため、歯ぎしり・食いしばりによって歯茎や顎の骨に大きな負担がかかり、顎関節症やインプラントの破損などのトラブルが起きるリスクがあります。しかし、総入れ歯よりもしっかりと固定されるため、まるで自分の歯のように違和感なく食事を楽しめるでしょう。

 

まとめ

インプラント治療には数十万から百数十万円の費用がかかりますが、保険適用の総入れ歯であれば2万円程度で作製可能です。そのため、治療費を抑えたいのであれば総入れ歯がおすすめです。しかし、保険適用の総入れ歯は審美性が低く、顎の骨が痩せるなど、いくつかのデメリットがあります。また、修理や再作製を繰り返し、トータルコストが高くなる可能性もあるでしょう。そのような観点で見れば、インプラント治療は決して高すぎる治療とは言えないのではないでしょうか。
当院では、患者様のご希望やライフスタイルなどに応じて、適切な治療の提案に努めております。まずはお気軽にご相談ください。

 

お気軽にご予約・お問い合わせください

  • 0567-28-0222

【受付】9:00~12:00 / 14:00~20:00
※火、木は19:00まで、土曜は18:00まで。
日曜、祝日休診

▲19:00までの診療となります。
0567-28-0222
WEB予約