一般歯科

一般歯科

一般歯科では虫歯や歯周病の治療・予防、欠陥した歯や親知らずなどの抜歯、入れ歯治療など保険診療の対象となる治療を行います。
80歳になっても20本歯を残せるような健康な歯をキープする為に技術を提供していきます。
一般歯科で治療する歯科疾患は大きくわけて二つあります。

虫歯治療

げんき歯科の虫歯治療は最新機器を使用して治療していきます。

軽度の虫歯治療

エナメル質が溶けて濁った色になったり、冷たいものや甘いものがしみる場合は軽度な虫歯になります。
早めに治療して虫歯が進行しないようにしましょう。

当院の治療は虫歯の原因となる部分を削り取り、これ以上虫歯が酷くならないように薬で防いでいきます。
最後に硬い詰め物をして完了になります。
詰め物は保険診療であればプラスチック樹脂もしくは銀歯。
自費診療の場合はセラミックになります。
削った箇所の大きさにより詰めるものを選んでいきます。

重度な虫歯治療

何もしていなくても激しい痛みを感じたりする場合は神経を取る必要があります。
また、神経が死んでいる場合は顎の炎症を防ぐ為にも抜歯することになります。

当院では、虫歯部分が広範囲になり神経まで行っている場合は原因となる部分と神経を取り除いていきます。
取り除いた箇所に薬を詰めて虫歯が進行しないようにしていきます。
詰め物で防ぎきれない場合は土台を作り、被せ物をしていきます。
被せ物に関しても保険診療の銀歯や自費診療のセラミック、金歯があるので選択していただきます。
歯根に異常がある場合は根元の治療を行います。

歯周病治療

日本人が歯を失う原因で一番多いのが歯周病です。
歯周病とは、口の中の細菌が原因で歯の周りの歯茎や骨が溶けて歯を失ってしまう病気です。
原因はタバコ、糖尿病、ストレス、高血圧、骨粗しょう症などがあり、30歳以上からなる人が多いです。
放っておくと歯がグラグラしたり、歯が抜けてしまったりしてしまいます。
また、歯周病原菌が血液の中に入ってしまうとがんや肺炎・糖尿病・脳血管疾患・心疾患・高血圧・早産・超低体重出産などの病気を引き起こす可能性があります。
実は歯周病は自分で気づきにくい病気なので気づいた時にはかなり酷くなっている場合が多いです。
以下の症状がある場合は歯周病の疑いがあるので検診を受けた方がいいでしょう。

  • 歯茎が赤く腫れる
  • 歯茎から血が出る
  • 歯石がつきやすくなる
  • 歯茎が下がる
  • 歯がしみる
  • 歯茎から膿がでる
  • 口臭が気になる
  • 歯が痛い
  • 噛むと痛い

歯周病の進行段階 歯肉炎

歯と歯の間や歯周ポケットに歯垢が溜まって炎症が起こることが原因で、歯茎が腫れたり、出血したりする病気を歯肉炎といいます。
歯周病の一歩手前なので治療を行えば歯茎が健康な状態になります。
治療としては歯磨き指導や歯石をとるスケーリングを行います。

歯周病の進行段階 軽度歯周病

細菌によって歯茎が炎症したことで、歯と歯茎の間に病気を引き起こす隙間ができた状態を軽度な歯周病と判断します。
この状態のままだと、歯周病が進行し歯槽骨が溶けていくので歯石とりや歯磨きでは防げません。
軽度歯周病の主な症状は歯茎が腫れる、出血、歯茎が下がるなどが当てはまります。

歯周病の進行段階 中度歯周病

中度歯周病になると、歯茎が腫れたり、痛みがでてきます。他にも出血、歯が浮いているような感触、膿がでてくるなどの症状があります。
歯が長くなってきたり、歯と歯の間に隙間ができてきたら中度歯周病と判断していいでしょう。
このような症状がでる歯の状態は、歯槽骨が溶けて、歯周ポケットも5〜6mmの深さまで進行していると考えられます。

歯周病の進行段階 重度歯周病

歯がグラグラで物を噛むこともできなければ重度な歯周病です。口臭も強くなるので気づきやすいです。
放っておくと治療も追いつかなくなるので、抜歯しか歯周病を制御する方法はなくなってきます。

早期治療がおすすめ

上記のように歯周病は大変怖い病気です。
最悪の場合抜歯になり歯を失うことになりますので健康な歯を維持する為には早期発見と早期治療が大切になります。
歯茎が腫れる、出血が気になる、歯茎が下がり歯がなくなってきたと感じたら歯科医院へ行きましょう。
症状が見られなくても定期的に検診すれば歯周病を防ぐことができ綺麗で健康な歯を維持できます。