小児歯科

小児歯科

小児歯科とは子供の歯の治療を専門に行います。小児歯科とは子供の歯の治療を専門に行います。「乳歯は生え変わるから治療しなくてもいい」という考えは間違えです。乳歯だからこそ、虫歯らないように磨いたり、予防治療することが大切になります。子供の歯の健康を守る為、将来綺麗で健康な歯が生えてくるように歯のケアをしっかりするために検査をし、フッ素塗布やお掃除、歯磨き指導を行います。

乳歯の大切さ

乳歯は食べ物を噛むことはもちろん、声を発するときに大切になります。
顎や顔面の形成に大きく関わってくる重要な歯でもあるのです。
また、乳歯の次に生えてくる永久歯を誘導する役割もあるので乳歯の健康維持は大切になります。

甘いものは要注意

甘いお菓子やジュースは虫歯を進行させる大きな要因になります。
乳歯は特に永久歯よりも柔らかいため、虫歯になりやすいのです。
歯磨きをしても防げないこともあるので乳歯のうちはなるべく避けた方が予防につながります。

また、小さい子供は虫歯の症状に気づきにくいので、自ら虫歯になったことを訴えることは難しいです。
ご家族が協力して歯磨きしたり、ご飯を食べるときによく噛むことを教えたりすることで虫歯を防ぐことができます。

定期検診がおすすめ

ご自宅で歯のケアを行うことも大切ですが、定期的に歯科医院にて検診を受けるほうが虫歯を早期発見できる可能性もあるし、虫歯を防ぐこともできます。
ただ、歯医者が苦手なお子様が多いのでまずは歯医者という場所になれることが大切です。
泣いたり、暴れたりしていると治療はできませんので、段階を踏んで少しずつ来院できるようにご家族で協力しあいましょう。
子供を歯医者嫌いにしない為にはいくつかポイントがあります。
まずは嘘をつかないことです。
「絶対痛くないよ」「行くだけだから」と嘘をついてしまうと子供は不信感を持ってしまい歯医者に行きたくなくなります。
もうひとつは歯医者=恐いところにしないことです。
例えば「悪いことしたら歯医者つれてくからね!」と言ってしまうと子供は歯医者を恐いところなんだと認識してしまいます。
子供の歯科治療が終わったら褒めまくったり、治療のときそばについてあげたり、子供ペースで通院させることで自然と通えるようになります。

げんき歯科では両親が了解したうえでお子様の歯科治療におつきあいさせていただきます。
お子様が歯医者を受け入れて楽しく治療できるようになれば虫歯も防げるのでご協力させていただきます。